■■■ お知らせなど ■■■
今年の目標は「ボードゲーム友達を作ってゲーム会を開くこと!」です。
イベントで背の高いアフロマンを見かけたら仲良くしてやってくださいね。

ファインキャスト・レポート①

やっと週末です♪ 三十路も過ぎると泊り込みでの作業が体力的にキツくなるんですねぇ。。

話題のシタデル・ファインキャストを入手、組み立ててみましたよ。
モデルは『ライブラリアン(ターミネイターアーマー装備)』をチョイス。
今回は長くなりそうなので、最初に写真をUP。

20110611_ライブラリアン①

では、初のファインキャストということで、軽くレポートしたいと思います。

①購入時の注意!
ファインキャストは、店舗での購入をお勧めします。
というのも、2つ買って2品ともパーツに欠損があったためです。
店舗に持っていって交換してもらいましたが、店員さんの話を聞いていると、
ほかにも欠損によって交換となるケースが珍しくない頻度で発生しているようなので、
店舗で購入する場合は、その場で中身に問題がないか確認するのが無難です。

プラスチック?製のブリスターパックにガッチリ包まれていて、外から欠損を確認するのは困難です。
店員さんも事前に中身をチェックすることができずに、困っているようでした。
いずれは欠損自体が起こらなくなったり、パッケージが改善されたりする問題だとは思いますが、
とりあえず通販を考えている人は、その辺のリスクは考慮したほうが良さそうです。

ちなみに、細長いチューブのようなパーツで欠損が起こりやすいようですね。

②組み立てについて
さて、交換してもらった時によくよく確認したつもりではあったのですが、実際に組み上げようとしてみると、
いくつか小さな欠損が見つかりました。
これはほんの細かい気泡の跡など、無視しても問題ない程度だったのですが、せっかく初のファインキャスト
なんだし…という想いもあり、グリーンスタッフでちょちょっと修正しました。
(ついでにストームボルターの銃口も再現しました)

杖の柄のように細長いパーツは触ると結構クニャっとするので、カッチリさせたい場合は
何がしか加工する必要があるようです。真鍮線を指すのも難しそうだし、どうしたもんでしょうね?
(私は気にならなかったのでそのままにしています)

バリなどはモデリングナイフでさっくりと切り取れる固さで、特に苦労もありませんでした。
パーツ同士は今回、アロンアルファのゼリー状瞬間で接着しました。
瞬間硬化とはいかなかったものの、特別な処理をすることもなく、問題なく接着できました。

③造型について
さて、一番重要と思われる造型のクオリティについてです。
上記に記載したように、細いパーツで欠損が起こりやすいようですが、
基本的にはメタルよりもモールドがハッキリしていて、これで製造面での問題が起こらないようなら、
素晴らしい出来だなぁと思います。
特に顔は表情までくっきりと凹凸が出ているので、細かなペイントがニガテな私にもやさしい出来です。

【今時点での評価】
というわけで、ちゃんとしたモデルを入手するまでの過程にはまだ問題があるものの、
その辺の製造面や販売方法の問題はいずれ解決されると思いたいです。(信じてますよ!)
そのような問題が解決されるという前提で言えば、ファインキャストというブランドについては歓迎します。
ただ私はメタルにこだわりが無いので「加工もしやすくなってありがたい!」と感じましたが、
メタル好きな人からみるとまた違うのかもしれませんね。
では、塗装が進んだらまたレポートしますよ~。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tqzakky

Author:tqzakky
zakkyと申します。
アフロ暦4年目になりました。
拍手してくれるとテンション上がりますので、よろしくね!
■趣味
・ゲーム全般(TVゲーム、ボードゲーム、ミニチュアゲーム)
・なんか作ること(焼き菓子とか、ミニチュアとか、なにかしら手を動かす系)
・ロードバイク(たまに同僚と60~100Km走る程度のライトな感じ)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンタ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ