■■■ お知らせなど ■■■
遊んだゲームの感想を、遊びやすさ、プレイ人数毎のゲームのバランスなどを観点にして記載します。
戦略の分析や攻略方法については、これから遊ぶ人の楽しみを奪いかねないので、今のところは記載しないでおこうと思っています。

ラ・グランハ 完全日本語版

ラ・グランハ』をプレイしました。
ゲームの説明は上記タイトルのリンク先をご覧ください。

2014年にスイス人の「Michael Keller」さんと、ドイツ人の「Andreas Odendahl」さんがデザインしたゲームで、日本語版は『アークライト・ゲームズ』さんが製作しています。

ラ・グランハはスペインのマヨルカ島で農園を経営し、商品を出荷して勝利点を集めるゲームです。
マヨルカ島は地中海に浮かぶ島で、面積は沖縄本島の3倍ほどある大きな島だそうです。

Google Mapより抜粋①
 スペイン本土の東側に位置しています。
マヨルカ島①_convert_20170805155512

Google Mapより抜粋②
 美しい島で、リゾート地として有名なんだとか。
マヨルカ島②_convert_20170805155545

Google Mapより抜粋③
 マヨルカ島の農場はこんな感じ。綺麗ですね~。
マヨルカ島③_convert_20170805155604

さあ、イメージも湧いたところでゲームの話です!
・ゲーム風景
 下のボードが自分の農園で、中央のボードが市場になります。
 基本は農園で作った商品を市場に運ぶことで勝利点を貰いますが、その他にも様々な方法で勝利点を得られます。
20170715_ラ・グランハ

■プレイの感想 ==============================================
①環境
プレイヤー:3人
経験者  :0人
プレイ数 :1回
プレイ時間:4時間超…!!

②ルールの把握
重ゲーということだったので、前日に1回ルールに目を通してみましたが、複雑っ!
当日も説明書を読みあげるところからスタート。

ボリュームが多く、ほとんどがこのゲーム独特のルールのため、大変でした。
経験者がいなかったこともあり、結局1ゲーム終わらせるのに4時以上かかってしまいました…。
1ゲーム6ラウンドの構成となっていて、4ラウンド目くらいからある程度スムーズにゲーム進行できるようになった感じです。
ルールが分かってくると、サマリーやボード上の記号デザインは、とても良くまとめられていることが理解できます。

ゲーム会に持ち込む場合は、事前にルールをしっかり覚えておくことをお勧めします!

③所感
重ゲーの名に恥じないボリューム感です。
今回はゲームをしっかりと楽しむことはできず、ルールを覚えるので精一杯なゲーム会になってしまいました。

勝利点を得る方法が多岐に渡るうえに、それぞれが二律背反的なデザインになっているため、どのように勝利点を得ていくかを考えるのに頭を悩ませることになります。(それこそがこのゲームの楽しい所です)
ちゃんと遊ぶことができれば面白そうな気配はひしひしと感じましたので、是非また遊びたいと思います!

ルールを知っている人達で遊ぶ場合は、1ラウンド15分~20分程度で進めることができるのではないでしょうか。
同時プレイが多いルールなので、人が増えることによるプレイ時間の増加はそれほどなさそうです。(ルールを覚える時間は別として…)

④ざっくり批評
・ゲーム内容について、ボリューム満点!
・何人でもバランス良さそう!
・複雑なルールなので、初心者にはおすすめできない…!
・上にも書いたけど、経験者がいない場合は事前にルールを覚えておいたほうが良いです。じゃないと私のように4時間超かかるなんてことも…。。。
・買って良かったっぽい!(まだルールを覚えたところなので「っぽい」ということで。。)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tqzakky

Author:tqzakky
zakkyと申します。
アフロ暦4年目のおっさんです。東京在住。
月1~2回の頻度でボードゲーム会を開いています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンタ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ