■■■ お知らせなど ■■■
遊んだゲームの感想を、遊びやすさ、プレイ人数毎のゲームのバランスなどを観点にして記載します。
戦略の分析や攻略方法については、これから遊ぶ人の楽しみを奪いかねないので、今のところは記載しないでおこうと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さまよえるオランダ人 日本語版

『さまよえるオランダ人』をプレイしました。
『カタンの開拓者たち』の作者クラウス・トイバーさんの1992年の作品を「NewGamesOrder,LLC.」さんが復刻したゲームです。
カタンが1995年ということなので、カタンよりも古いんですね。
復刻当時のお話について「B2FGames」さんの「代表日記」のコーナーで語られています。

ゲームルールには直接関係ありませんが・・・。。
「さまよえるオランダ人」はイギリスのおとぎ話で、「風に悪態をついたせいで呪いをかけられたフライング・ダッチマン号の船長は、最後の審判の日まで(要するに永遠に)海を彷徨い続けなければならない」というものです。
「7年に1日だけ陸に上がれて、船長を心から愛する女性に出会えれば呪いは解ける」というのはオペラ用に後付けされた設定だそうです。
映画パイレーツ・オブ・カリビアンの2作目・3作目のストーリーのモチーフになっていますね。
20170708_さまよえるオランダ人

■プレイの感想 ==============================================
①環境
プレイヤー:3人
経験者  :0人
プレイ数 :1回
プレイ時間:1時間程度

②ルールの把握
3人とも初プレイだったので、説明書を読むところからスタート。
ダッチマン号の移動先の決定権を決める際の"蹄鉄"による競りのルールが長文でしたが、基本的には難しいところはありません。
ただ難しくはない…のですが、ルールを読んだだけではプレイする時の感覚がイメージできませんでした。
これはおそらく、私が類似のゲームを遊んだ経験が無いからかと思います。

③所感
お金が無くなるとゲームから脱落する、という最近のボードゲームではあまり見ないルールがあります。
お金を補充する手段が限られているので、結構脱落するのかなぁと思いましたが、案外大丈夫でした。

数ラウンド実施したところでルールは把握できたものの、相変わらずゲーム感がつかめない…。
1ゲーム終わってやっと「こういうゲームなんだ」というのが少し飲みこめた感じです。
デザイナーが意図したゲームの遊び方はなんとなく見えたのですが、おそらく3人では人が足りないなと思います。
きっと5人くらいで遊ぶのが楽しいゲームなんじゃないかな~。
また人数がいる時に遊んでみたいと思います…!

④ざっくり批評
・コンポーネントが良い!
・買って良かったかどうかは…保留!
・3人だと微妙!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tqzakky

Author:tqzakky
zakkyと申します。
アフロ暦4年目のおっさんです。東京在住。
月1~2回の頻度でボードゲーム会を開いています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンタ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。