■■■ お知らせなど ■■■
遊んだゲームの感想を、遊びやすさ、プレイ人数毎のゲームのバランスなどを観点にして記載します。
戦略の分析や攻略方法については、これから遊ぶ人の楽しみを奪いかねないので、今のところは記載しないでおこうと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブンワンダーズ(世界の七不思議)日本語版

セブンワンダーズ(世界の七不思議)をプレイしました。
2010年にベルギーの『Repos Production』さんが発売したゲームで、ホビージャパンさんが日本語版を販売しています。

数々の賞を受賞した作品というだけあり、ゲームシステムも良いのですが、なにより古代文明のロマンを感じることができるデザインが素敵です。

ゲームの概要はすごろくやさんのゲーム紹介のページに詳しく書かれています。
20170708_セブンワンダー

■プレイの感想 ==============================================
①環境
プレイヤー:3人
経験者  :全員(内1人は今回で2回目)
プレイ数 :3回
プレイ時間:40分程度
拡張:未使用。基本セットのみ

②ルールの把握
今回は3人ともプレイ経験があったのでスムーズでした。
ルールが多めなので、未経験者のみでプレイする場合は理解に多少の時間がかかるかもしれません。
カード効果として記載されているアイコンは慣れれば良くできているデザインなのですが、種類が多く最初は良くわからないかも。
ルール冊子にサマリーがついているので、確認しながらプレイすると良いでしょう。
1~2ゲームプレイすれば理解できる内容だと思います。

③所感
1手番で行うのはカードを1枚選択してプレイするだけというシンプルさ。
勝利点を得る方法が無数にあるのですが、どの方法でも希望が見える良いバランスになっています。
1ゲーム毎にじっくり遊ぶというよりは、さくさくと繰り返し遊ぶのに適しています。
場が後退することはなく常に発展し続けるので、ストレスを感じることは少ないでしょう。
選択する都市によって戦略も変わってくるので、飽きずに毎回新鮮な気持ちで遊べます。

④ざっくり批評
・洗練されたゲームデザイン!
・買って良かった!
・末永く遊びたい!
・3人でも楽しい!(何人でも楽しい!)
・今回も若者とプレイしたのですが、パピルスの存在を知らなかったらしくジェネレーションギャップを感じました・・・!

 で、パピルスの話とはちょっと違うんですが、確かに今の若者はファンタジーといえばハリーポッターという世代だし、私の世代よりも中世や古典的なファンタジーに触れる機会は少ないよなぁ、と思いました。
 プレイするのには特に困りませんが、やはり用語の理解で臨場感が変わってきますし、ゲームルールの説明(いわゆるインスト)を行う時には、その辺も意識して説明するのが良さそうですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tqzakky

Author:tqzakky
zakkyと申します。
アフロ暦4年目のおっさんです。東京在住。
月1~2回の頻度でボードゲーム会を開いています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンタ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。