■■■ お知らせなど ■■■
遊んだゲームの感想を、遊びやすさ、プレイ人数毎のゲームのバランスなどを観点にして記載します。
戦略の分析や攻略方法については、これから遊ぶ人の楽しみを奪いかねないので、今のところは記載しないでおこうと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファクション紹介・ギルド

続いてお待ちかねの(?)ギルドの紹介です。

「闘争によりマリフォーを征服することが最良の方法である、ということをなぜ皆が理解しないのか。 
 我々は公益のためにそうするし、そうするために我々が必要だ。
 人々は今まさに恐怖に怯えており、我々の保護を必要としているのだ。」
~ギルド長官兼マリフォー知事 エイブナー・マチーセン~

(なんとなく最初は「良い」組織なのかなと思っていましたが)、その実ギルドの目的は「ソウルストーンの維持・確保」だけであって、正義や平和、秩序といったものはギルドにとっては副産物でしかないそうです。
ただ目的達成のための手段とはいえ、実際のところギルド法は人々にある程度の秩序・保護を提供しています。

魔術師たちは何千年もの間、術の研究・儀式を行ってきましたが、基本的には社会・政治には関わらないように注意を払っていました。
ところが人類史において最大と言っても良い出来事、マリフォーとソウルストーンが発見されるという事件が起きました。
ソウルストーンの生産量はマリフォーにおいても潤沢ではなく、貴重なものです。
そのため魔術師達はソウルストーンの生産を管理し、それを維持するために集まり、そしてギルドが結成されました。

ギルドには、敵対勢力毎に対応した専門の管轄部署があります。

◆ネバーボーンハンター
ギルドの最大の敵はネバーボーンで、その根絶を目標にしています。。
ネバーボーンとの戦いは危険極まりないもので、多くのハンターが命を落としています。
そのような中で有名なハンターであるオルテガ一族は、数多くのネバーボーンを退治しています。

代表的なキャラクター:ペルディータ・オルテガ
オルテガ一族というハンターの家系で、現在の頭領です。

◆デス・マーシャルズ
ギルドはまた死霊・降霊術を行使するリザレクショニストを危険視しています。
リザレクショニストを見つけ、逮捕・処罰するために「デス・マーシャルズ」が設立されました。

代表的なキャラクター:レディ・ジャスティス
この人は(今まで読んだ感じだと)純粋に人々のために戦っているらしく、マリフォーの住人からも愛されています。
旧モデルのデザインがステキ。

◆ウィッチ・ハンター
マリフォーでは、人々が固有の魔術に目覚めることがあります。
それらの人々の多くは好き勝手に魔術を使って犯罪を行い(ギルドにとっての)秩序を乱しています。
ギルドはそのような野良魔術師達をアルカニストと呼びその存在を危惧しています。

代表的なキャラクター:ソニア・クリード
アルカニストに対抗するために魔術を極めた仕事熱心な人です。極めすぎてギルド内でも危険視する声があがるくらいです。

そして・・・リザレクショニストのマクモーニングさん、ギルドメンバーでもあるんですね。どういうことでしょう?
次はマクモーニングさんの紹介文を読んでみようかな~。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tqzakky

Author:tqzakky
zakkyと申します。
アフロ暦4年目のおっさんです。東京在住。
月1~2回の頻度でボードゲーム会を開いています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンタ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。