■■■ お知らせなど ■■■
今年の目標は「ボードゲーム友達を作ってゲーム会を開くこと!」です。
イベントで背の高いアフロマンを見かけたら仲良くしてやってくださいね。

手作りバックギャモンボード『リラックマギャモン』

アタッシュケース型のバックギャモンボードは格好いいし、持ち運びにも便利そうだけど、とくにゲームの予定のない普段から持ち歩くには流石にかさばりますよね。
そんなわけで、ポケットサイズ…よりはちょっと大きめですが、小さな鞄にも余裕で納まるサイズのボードを手作りしてみました。

ボードはフェルトを切り貼りしたもので、駒は木製のボタンにリラックマのシールを貼って作成。
思い付きで作ったにしては、なかなか良い出来ばえだと自負しております。
カップとプレシジョンダイスは、コンパクトさを優先してとりあえず無しで。競技用じゃないし、ダイスまだ持ってないもんで。。

①セッティングしたところ
・フェルトは木工用ボンドで接着しています。
※(追記)初期配置を間違えていることに気が付きました!!
3コマ置いてある列は、もう1列左が正しいですね。すみません!

20170424_バックギャモン_手作り1

②アップ
・『リラックマ』 VS 『コリラックマとキイロイトリ』の戦いになっています。
20170424_バックギャモン_手作り2

③畳んだところ
・4つ折りで14cm×11cmになります。コンパクト!
20170424_バックギャモン_手作り3

④コリラックマポーチ
・作り終わってから、そういえば前にミスドでもらったポーチがあったなぁ…と思ったらサイズがぴったり!!
 なんだか得した気分です♪
20170424_バックギャモン_手作り4

⑤制作費用
・計800円+税で完成しました。ほぼ100均、リラックマシールだけロフトで購入です。
・フェルト大(茶色)
・フェルト小(青系5色セット)
・布用ペン
・木工用ボンド
・方眼用紙
・木製ボタン(茶・白それぞれ15個づつの30個入り)
・リラックマシール(これだけ200円)

さて、若干取り組む順番が間違っている気がしてきたけど、手近なところでプレイ相手を探してみるとするかぁ。

バックギャモン

すごろくやさんのイベント、『はじめてのバックギャモン講座』に参加してきました。

「バックギャモンって…なんか昔からあるギザギザしたボードのやつだよね?」という程度の認識だったのですが、ちょっと紹介文をみてみると、世界では将棋やチェスよりもぶっちぎりで遊んでいる人口が多いメジャーなゲームとのこと。
そういわれてみると良い機会である気がしたので、参加してみることに。

行けば最初から教えてくれるとのことでしたが、一応前日にどんな感じのルールなのかさらっと予習して参加しました。
ルールこそシンプルですが、歴史の中で揉まれてきただけあり、無駄なくよく練り込まれたバランスになっています。
「実力7割、運3割」という言葉もあるそうで、実力差がある人とプレイしてもサイコロ運によっては普通に勝てるチャンスがあるのが、将棋・チェス・囲碁などの完全な競技ゲームとの違いになります。

紹介してくれる方は、日本バックギャモン協会の、世界でも高ランクの中村さん(イケメン)。
プレイしているポイントポイントで分かりやすく解説して下さり、お値段以上の充実したイベントであったと思います。

気軽にバックギャモンを遊べるイベントもそこかしこで開催されているということなので、また機会を見て遊びにいってみようと思います。
バックギャモンは予想以上に面白いゲームでした。まだバックギャモン未体験の人がいたら、ぜひ遊んでみることをお勧めします!
プロフィール

tqzakky

Author:tqzakky
zakkyと申します。
アフロ暦4年目になりました。
拍手してくれるとテンション上がりますので、よろしくね!
■趣味
・ゲーム全般(TVゲーム、ボードゲーム、ミニチュアゲーム)
・なんか作ること(焼き菓子とか、ミニチュアとか、なにかしら手を動かす系)
・ロードバイク(たまに同僚と60~100Km走る程度のライトな感じ)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンタ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ