■■■ お知らせなど ■■■
今年の目標は「ボードゲーム友達を作ってゲーム会を開くこと!」です。
イベントで背の高いアフロマンを見かけたら仲良くしてやってくださいね。

バトルブレイク第3弾

結局日曜も昼過ぎまで寝てしまって、この3連休はゲームしに行けませんでした。。

バトルブレイク第3弾の『アダムス調査隊(シークレット)』と『サウス・カリフォルニア・パール』をUP。
第3弾はブースターに城コインが入ってくるということで箱買いしたものの、
お目当てのサウス・カリフォルニア・パールは出ずにシークレットのアダムス調査隊…。。

バトルブレイクは1弾あたり5~6000円にしようと決めてはいたのですが、
荒木ファンの私としては「パールがッ!当たるまで!ガチャるのを止めないッ!」とばかりに
燃え尽きるほどヒートして、無事に(?)パール兄さんをGETできました~♪

そのお陰か、第3弾は初コンプリート!1弾2弾はいくつか持ってないんですよねぇ。。
特に困ってはいないんですが、そのうち誰かとトレードしてもらおっと。

20110925_バトルフレイク

虫歯を治す能力といい「パール」はトニオさんのスタンド名が元なんだろうけど「サウス・カリフォルニア」の由来はなんだろう?
前にイラスト集「JOJO A-GO!GO!」かなにかのインタビュー記事で、スタンドのデザインストックが相当数ある
と書いていたので、元々はトニオさんスタンドの候補の一つとして考えていたものだったりするのかもしれませんね。

ダークエルフ・マンティコア騎乗

ダークエルフの『ドレッドロード・マンティコア騎乗』をUP。

半年くらい前に組み立てまで済ませて放置していたモデルをやっとこ塗装しました。
微妙にコンバージョンして女性モデルにしてみたり。躍動感のあるポージングで強そうですね~。
といってもダークエルフは積み状態でアーミーを組めるほどユニットを作っていないので、
この方が活躍するのはまだまだ先になりそうです。。

20110923_ドレッドロード_マンティコア騎乗

この金曜日に家具を組み立てたんですが、日頃運動してないせいか、棚を作るだけで疲弊してしまいました…。。
土曜もこのモデルを塗装した後はグダグダ過ごしてしまったので、明日はちゃんとしようっと。

ブラッディ・バーナバス

ホーズ・ミニオン勢力のウォーロック『ブラッディ・バーナバス』をUP。

ゲーターマンの設定を読むのに時間がかかって、思ったより更新が遅くなってしまいました。
バーナバスは、AOE5のシャロウウォーターを生み出すスペルや、Amphibius(水陸両用)の能力を持たない
相手をノックダウンさせるフィートを持っているため、パスファインダーやAmphibiusを持たない相手には
有利に戦いを進めることができます。

バーナバスは西イモレン最古のゲーターマンで、複数の部族を率いてあちこちで戦闘を繰り広げています。
その動機は単なる支配欲などではなく、流される血、肉、同族からの尊敬・畏怖の感情を供物として、
自分の存在を神の階位にまで高めることを目的としています!
…ということなんですが、この世界ではそういうことが可能なんですかね?
もう一人の強力なゲーターマン・ウォーロックである「カラバン」とは協調関係にありますが、
お互いの目的のためにWin-Winの関係を築けるから協力しているだけで、強い信頼関係というのは無いみたい。

20110922_ブラッディ・バーナバス

今日はゲーターマンの基本設定について、ザックリと紹介してみます。
(詳細はMinionsのフォースブックを見て下さいね!)

・ゲーターマンはCygnerの北に位置するBlindwater湖およびBloodsmeath湿原に生息している。
(なぜかHordes-Primalの地図には載っておらず、Warmachine-Primeの地図に記載されています)
・ゲーターマンは寿命で死ぬことはなく、病気にも強い。死亡の要因は主に戦闘。
・ゲーターマンは数十名程度の小さな部族単位で暮らしている。部族間の横の繋がりはあんまり無い。
 まれにバーナバスやカラバンのような強力な個体がいると、複数部族をまとめて部族連合を形成することもある。
・ゲーターマン見た目ほど凶暴ではなく、周辺のトロルキンや人間とは良好な関係を築いている。
 交易したり、報酬さえ払えば傭兵やガイドの仕事も引き受けてくれる。
 でもトロッグと縄張り争いしたり、生贄の儀式が好きだったりと野蛮な面も合わせ持つ。
・ゲーターマンと沼トロッグ(半魚人みたいなやつ)は犬猿の仲。ただしBlindwater湖の外の敵と戦う時には
 協力することもある。バーナバスは一部の沼トロッグを力で屈服させ、無理やり同盟を組ませている。
・ゲーターマンはKosskというワニ神様をあがめている。
・「Kossk神はゲーターマンだけの神様じゃないよ!」とケチをつけてくるサークルオルボロスが気に食わない。
・ウォービーストは捕獲する必要は無く、ウォーロックが必要と思えば向こうからやってきてくれる。便利。
・フェラルガイストとスラルグは戦闘獣として捕縛、使役しているらしい。

ちょっと長くなりましたね。

ペニテント・エンジン

ウォーハンマー40Kのウィッチハンター『ペニテント・エンジン』をUP。
最近はワニばかり塗っていて、しばらく40Kのミニチュア作成から離れていたので新鮮な感じ。

なんで磔状態なのかはさっぱり知らないんですが、魔女裁判で有罪になったサイカーを磔にして、
そのサイキックパワーで動かしてるとか、そんな感じなんですかね?
(フレーバーテキストを読んでないので、完全に私の妄想ですが。。)
単に磔にしただけではなく、本体から伸びた何本もの金属チューブが体に刺さっている
(手術で埋め込まれている?)という、クレイジーでイカしたデザインです。

20110918_ペニテントエンジン

う~ん、放置しているエルダーも作らなきゃな~。
…と言いつつ、ワニを塗る作業に戻るかな!

バーナバスVSメロック

今日はゲーターマンの新ウォーロックと、ディストピアンウォーズのFSAスタートボックスをGETするべくB2Fへ。
んで、お目当ての新ウォーロック「メロック・ザ・デッドバウンド」をいち早く作成された方と35P戦。
今週発売のモデルなのに、既にペイント完了しているのが凄いっ!
(対戦ありがとうございました!前回よりは勝負になった気がしますが、まだちょっと役不足な感じですかね~。)

20110917_バーナバスVSメロック

バーナバスがメロックを追い詰めている!…ように見えるカモしれませんが、この時点でバーナバス側の
ウォービーストはゾンビ化して相手の手駒になってしまっています。。
今回も完全に実力で負けてしまいました…もっと相手を熱くさせられる実力を身につけねばっ!
味方同士で移動を阻害してうまく連携できなかったり、自分のスペル射程の考慮が足りなかったりと
まだまだ未熟な感じ。
フューリーの扱いにはだんだん慣れてきているので、次回はその辺を意識していこうっと。

ビーストのゾンビ化はメロックの能力ではなく「フェラルガイスト」というソロユニットの能力です。
それにしてもメロックのスペルでARMが+2されたポッセのまぁ硬いこと!
ゾンビ化スペルでARMが上がるってのは一体どういうことなんだろう…?

さてさて、私もGETしたメロックを組み立てようかな~♪

ソードナイツ

Cygnarのウォリアーユニット『ソードナイツ』をUP。
昨年ウォーマシンを始めた頃に、B2Fの店長さんに「ユニット投入するならソードナイツあたりから
始めるのが良いと思いますよ。」とアドバイスされて購入したモデルです。

確かに入門用に最適なユニットで、編成を圧迫しない安い投入コスト・扱いやすい能力に加えて、
"ジャックマーシャル"というウォージャックを制御できる能力や、アタッチメントという種類のユニットで
追加強化できるなどの拡張性も備えています。
リーチウェポンを持った味方ウォージャックと相性が良いので、"ジャックマーシャル"として使う場合は
「ファイアフライ」や「ランサー」あたりが良いのかな、と思います。
ただ、ランサーだとアークノードが無駄になってしまうので、ちょっともったいないかもしれませんね。

20110916_ソードナイト

ソードナイツは昔からCygner軍を構成してきた中核的な存在です。
ナイトというと、古くからのしきたりに厳しく、新しい科学技術などは敬遠しがちなイメージがありますが、
Cygnerのソードナイツはウォージャックの登場により剣を捨てるのではなく、前向きに新しい技術を取り入れ、
ウォージャックと連携した独自の戦闘戦術を確立しました。
分かりやすく言うと、味方ウォージャックが相手ウォージャック/ビーストと接近戦をしている時に
横から弱点を攻撃する、といった感じです。
味方を囮にして横から集団でたこ殴り…。。
…いやいや、別に卑怯な戦法じゃないですよ?

メジャー・ヴィクトリア・ヘイリー

シグナーのエピックウォーキャスター『メジャー・ヴィクトリア・ヘイリー』をUP。
シグナーのウォーキャスターの中でも凄くデザインの良いモデルだと思います!

ウォーキャスターの中にはメインストーリー(AR607年くらい?)の設定と、エピック版という
メインストーリーとはちょっと異なる時代の設定を持つ者がいます。
ヴィクトリアの場合、メインストーリー上では大尉ですが、その後少佐になった後のお話もあり、
それがエピック版として、大尉時代とは別の能力を持ったキャラクターとなっています。

20110907_ヴィクトリア・ハーレィ

ヴィクトリアは幼少の頃に村がCryxの略奪者に襲われてしまい、両親は殺され、双子の姉妹も攫われて
生き別れになってしまった過去を持ちます。
その後の成長過程ではイマイチ子供社会に馴染めなかったようですが、キャスターの素質があったために
最終的にシグナー軍に落ち着くことになりました。
当然のようにCryxを憎悪しており、Cryxのウォーキャスター・デネグラを幾度も戦った末に殺しています。
(デネグラは幼少時代に攫われた双子の姉妹です!)

さらにその後、自らの手で殺したハズのデネグラがアンデットぽくなって復活してるのを見てビックリしたり、
Khador軍に捕まりそうになった時にそのデネグラが助けてくれてさらにビックリしたり、
助けてくれたデネグラに「お、お姉ちゃんのことは大好きだけど、私達、敵同士なんだからね!」と
ツンデレ告白されて複雑な心境だったりと、大変面白い展開となっています。

ハンター

シグナーのライトウォージャック『ハンター』をUP。
今日は帰宅がすっかり遅くなってしまったので、本文はサックリと。。

なかなか格好良く塗れたものの、まだ実践投入したことがないモデルです。
ARMの高い相手にも効果的なロングキャノンが売りなんですが、コスト6点というのが若干割高な気もしますね。
それだったらあと1点足してアイアンクラッドでいいじゃん、みたいな。

ただ、通常のコントロールエリアの倍の距離まで離れてもOKという能力もあるので、
このジャックもジャーニーマン・ウォーキャスターと相性がいいんじゃないかな~。

20110907_ハンター

ハンターもこの10年内に開発された機体で、斥候と先制攻撃によるウォージャックの排除を目的に作られました。
自慢のロングキャノンは貫通力が高く、ヘヴィウォージャックの厚い装甲をものともせずに貫きます。
右手の斧は戦闘にも使えますが、元々の目的は森や障害物を切り開くためのものだそうで、
そのおかげでパスファインダーの能力が付いているようですね。
おまけとして、シグナーのジャックの中でもっとも燃費が良い(90分の連続運用が可能)ことも記載しておきます。
ゲームには影響しない性能だけどね!

上ではアイアンクラッドでいいじゃん。と書きましたが、射撃で敵を沈めたい場合には最高のジャックです。
チャージャーと違って高ARMの相手に強いので、カドーアを相手にする時には特に頼もしいでしょうね。
あと、個人的にはシグナーのジャックの中でも1・2を争う格好良さだと思います!

ホーズ35ポイント戦

今日も今日とてB2Fさんに行ってきました。もう9月も半ばだっていうのに、グッタリする暑さでしたね。
初の35P戦にチャレンジ。
15Pから25Pになった時には結構混乱しましたが、25Pから35Pになった今回はスムーズに馴染めた感じがします。

バーナバス VS クロマック・ザ・ラビナス(サークル・オルボロス)の一場面。(対戦ありがとうございました!)
クロマックは接近戦能力の高い獣人形態に変身できるというウォーロックで、漢のロマンがありますね。
ブルスナッパーのアニムス(スパイニンググロース)が効果的に働いてくれたおかげで勝利することができました♪
バーナバスのフィートが高DEF・低ARMの傾向にあるオルボロスに対して相性が良いことも勝利の一因となったようです。

20110911_ゲーターVSオルボロス

メノスのウォーキャスター「クレオス」もノックダウンさせるフィートを持っていますが、
ウォージャックに比べて爆発力の高いウォービーストを持つバーナバスのほうがノックダウンの恩恵を
より大きく享受できるように感じました。(ウォービーストが生き残っていれば、ですけれど。。)

いよいよ新しいゲーターマン・ウォーロック『マーロック・ザ・デッドバウンド』が発売されるとのこと!
テンション上がります♪
そういえばアメリカでは先行発売されたみたいっていう話を聞いたような。。
どんな能力なのか、ちっと調べてみるかな~。

【追記】
こ、これは…!?
接近戦闘系みたいだけど、足は速くないし攻撃力も高くないみたいですね。ポッセと相性が良さそうだけど…。
蘇生スペルでなんとかしつつ、死中に活を求める大胆なプレイが必要になりそう。ゾンビだけにね!
(まだ正式発売前ということを鑑みて、今回見つけた情報についてのリンクは貼らないことにしました。)

そういえば、ミニチュアとは全然関係ない話題ですけど、ハートフルゾンビ映画「ゾンビランド」は
製作者のゾンビ愛を感じられる映画で、割とオススメですよ。

ウォーマシン&ホーズ・プレイ風景

今日はB2Fさんでウォーマシン&ホーズを遊んできましたよ。
相手してくれたお二方にはルールの補助やアドバイスも頂いて、本当にありがとうございました!

バーナバス VS カヤ・ザ・ワイルドボーン(サークル・オルボロス)の一場面。
ヘヴィウォービースト「シャドウホーン・サテュロス」をゲーターマンポッセが迎え撃つ!
…ところだったのですが、カメの射撃攻撃が驚異的な出目の良さで、カヤを撃破してしまいました!
サークルオルボロスは全般的に移動能力が高く、盤面を縦横無尽に走り回れて楽しそうですね~♪

20110910_ゲーターVSオルボロス

バーナバス VS キャプテン・ダミアノ(マーセナリーズ)の一場面。
ダミアノのスペル「ウォーパス」による移動を計算に入れなかったために「マングラー」にやられてしまいました。
凡ミスでいきなりカメが暴れたりと、なんか不甲斐無い負け方で申し訳ネェ~。。
今度はもっと手強い相手になっておきますので、またよろしくお願いします♪

20110910_ゲーターVSマーセナリー

ラスラーのペイントを褒められたので、塗装手順をメモしておきますね♪カラーはシタデルカラーです。
①CATACHAN GREEN で全体を下塗り
②CAMO GREEN でドライブラシ
③CAMO GREEN と BUBONIC BROWN と SKULL WHITE を混ぜた色でドライブラシ(白の分量を増やしつつ2回くらい)
④BUBONIC BROWN でお腹とか手足の内側にドライブラシ
⑤BUBONIC BROWN と SKULL WHITE を混ぜた色でお腹とかをドライブラシ(白の分量を増やしつつ2回くらい)
⑥DEBLAN MUD を水で1:1に割って、全体をウォッシュ
⑦しっかり乾いてから、もう一度、今度は上っ縁だけを②~⑥の手順でドライブラシ
⑧最後に、DEBLAN MUD を水で1:10くらいに薄く割って、全体をウォッシュ
手間がかかっているようですが、ラスラーは全身ワニのため細かい塗り分けをしなくて大丈夫なので、
時間をかけずにサクサクっと塗れました。ウォッシュの前後はちゃんと乾さなきゃですが。

さて、明日も遊びに行けるかはまだ分からないんだけど、35点まで行けるように
「ウロングアイ&スナップジョー」と「ヴィクター・ペンドレイク」を作ってしまわねばっ!

上の2モデルはmk1のスタットカードが入っていたので、トロールブラッドのカードセットを購入しましたよ。
そうするとこないだのサグロシュもmk1のカードだったから、エヴァーブライトのカードセットも必要なのか…。
待てよ…?いっそこのままトロールブラットに手を出す選択肢も…!?
プロフィール

tqzakky

Author:tqzakky
zakkyと申します。
アフロ暦4年目になりました。
拍手してくれるとテンション上がりますので、よろしくね!
■趣味
・ゲーム全般(TVゲーム、ボードゲーム、ミニチュアゲーム)
・なんか作ること(焼き菓子とか、ミニチュアとか、なにかしら手を動かす系)
・ロードバイク(たまに同僚と60~100Km走る程度のライトな感じ)

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンタ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ